シミ消し化粧品で消えない頑固なシミにはこれがオススメ!!

シミを消す化粧品で消えないシミの対策は?

普段からシミや美白に気をつかって、予防やケアに心がけていても、一度出来てしまったシミはなかなか取れないものです。 どうしても気になるシミを何とかしたいと思ったら、皮膚科や美容皮膚科のクリニックに相談してみるという方法もあります。

最近では美容を目的とした診療を行うクリニックも増えていますので、まずは「専門家のアドバイスをもらう」という気楽な気持ちで、訪ねてみてはいかがでしょうか?

クリニックで主に行われているシミの治療には、レーザー治療とケミカルピーリングがあります。 レーザー治療は、シミの部分にとても強い光をピンポイントで当てて、メラニン色素だけを破壊するという治療法です。

現在、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザー、YAG(ヤグ)レーザー、炭酸ガスレーザー、ダイオード(半導体)レーザーといったものが、シミの種類や状態によって使われています。 ケミカルピーリングは、ケミカル(化学薬品)を使って、皮膚の表面の角質をピール(剥ぐ)という治療法になります。

ケミカルピーリングの理論は、科学的に皮膚の表面を溶かし、その後皮膚の自然回復力を利用して、皮膚の再生を促がす、というもので、欧米では長い歴史のある治療方です。 アジア人種はあまり深いピーリングを行うと傷跡が残りやすいため、浅層ピーリングと呼ばれる皮膚の浅いところまで剥ぐ方法が行われています。

メラニンの残る古い角質をピーリングすることで、新しい皮膚細胞が作られ、シミやくすみが無くなります。 そしてもうひとつの嬉しい効果が、真皮の繊維芽細胞がコラーゲンを造り出すことです。 このことで、小じわが改善され、ハリのある美しいお肌が蘇ります。

ただし、ケミカルピーリング後は保湿や紫外線ケアにはこれまで以上に注意が必要です。 クリニックでの治療は、メリットだけではなく、副作用の心配や料金のことなど、デメリットも考えられます。

クリニック選びは安易に決めてしまうのではなく、そうした不安にしっかりと説明やアドバイスをしてくれ、症例も多く技術的にも信頼できる医師やスタッフのいる、実績のある医院を選ぶようにするといいでしょう。 自分が納得できるまで、十分に説明を受けるようにして下さい。